<< ES細胞で失明状態の患者2人の視力改善 米チームが発表 | main | フィッチを捜索=伊財務警察 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
iPS、脳で神経機能 京大が初確認、治療へ期待

 人のiPS(人工多能性幹)細胞から作製したドーパミン神経細胞が、パーキンソン病のカニクイザルの脳で半年間にわたって生着し機能していることを確認したと、京都大iPS細胞研究所の高橋淳准教授と菊地哲広研究員らのグループが24日、発表した。iPS細胞を使ったパーキンソン病治療の実現に近づく成果という。





PICKUP
滋賀で引越しの費用
公共職業訓練とは
カネボウの化粧品の評価
東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅
下着用語[金茶]
| - | 07:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 07:53 | - | - | - | - |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック